バレエ教室 移籍

バレエ教室の移籍

移籍をする理由としていくつか挙げてみます。

  1. 引っ越しや職場の移動
  2. 周りの人間関係が嫌
  3. 先生との相性が悪い
  4. 今のところにいてもこれ以上上手になれない
  5. 発表会で踊りたい役や曲が踊れない

 

1.引っ越しや職場の移動

 

家や職場が引っ越しや移転で変わってしまい教室に通えなくなってしまうことはありますよね。

 

そのような場合には事情を説明し、系列のお教室などあれば教えてもらうと良いと思います。

 

2.周りの人間関係が嫌

 

仮に周りの人間関係などで移籍を考えているようであれば、別にプロではないので籍にこだわることはないと思います。

 

いざ、移籍した先も同じようなところだった…とかはよく聞く話ですが…

 

どの習い事も一緒ですが、常識の範囲で失礼のないように動きましょう。

 

3.先生と相性が合わない

 

人間ですから相性が合わないこともあります。

 

そんな時はまず、先生が言っていることを理解しようと努力をしたか…今はできなくてもそれでも上手になろうと思っているか…

 

努力をしても先が見えない、先生との関係もギクシャクしてうまくいかない…となるとプロを目指している訳ではないので楽しく向上したいと思えなくなりますよね。そうなってしまうと仕方がないと思います。

 

ですが…大半の先生方は幼少の頃からひたむきに取り組んで感じたことを皆さんにお伝えしたいと真剣であるであるだろう事も忘れないでください。

 

4.今のところにいてもこれ以上上手になれない

 

ここにいてこれ以上先を感じられないと思った方はまずプロが集まるオープンクラスの中・上級クラスにレッスンを受けにいってみてはいかがでしょうか。

 

オープンクラスですからどなたでも受講可能なはずです。所属のないプロダンサーやレッスンしたいバレエの先生方など沢山いらしてるのでとても勉強になります。普段のレッスン以外にたまにクラスを受けてみるととても良い刺激になると思います。

 

そして、そもそも先を感じられない程上達なさってる方はむしろ最初からオープンクラスの方が時間も自由でレッスンがしやすいのでは?

 

5.発表会で踊りたい役や曲が踊れない

 

踊りたい役や曲が踊らせてもらえないのは…

 

きちんとした教室ですと、実力があっても教室の人数が多く皆さんのレベルが高いとなかなか踊らせてもらえないことがあったりします(ジュニアがいればどうしてもそちらにチャンスがいってしまいます)

 

それとは逆に、近年ではではバレエ教室の集客の為に発表会で踊りたいヴァリエーションを踊らせてあげるというお教室が多いような気がします。

 

技術が追いついていれば良いのですが、そうではないのに安易に踊らせてしまっているケースをよく見かけます。

 

それと同時に街の教室を転々としてヴァリエーションを踊らせてもらえる教室を探して彷徨っている大人の方の話も良く聞きます。

 

ご自分の理想の教室を探したいのもわかりますが、あちらこちらと転々となさるよりもご自身が更に美しく強く上達する事に精力を注がれてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連ページ

教室の選び方
バレエ教室の正しい選び方は?先生の実力を見極めるには?現役のバレエ教師がお答えします。