バレエ体型・体幹

バレエ体型や体幹の悩みについて

バレエをする上で大事な体型や体幹についての話です。

バレエ体型・体幹記事一覧

バレエに適した体型の条件とは

近年、昔のように足が短くてスタイルが悪い人が少なくなった気がします。(バレエを習いにきている子だけを見て思うことなので実際はわかりませんが…)『クラシックバレエテクニック』大修館書店によれば、理想的な女性ダンサーの身体は以下のとおりです。身長157〜173cm体重39〜52㎏小さな頭身体に対して長い...

≫続きを読む

体型の変化とバレエ

子供の頃は折れそうに細くても、思春期に急激に体型が変わってしまうお子様をよく見かけます。思春期は成長過程ですのである程度は横に成長するのは仕方がないと思います。それよりも、太るのをおそれてご飯を食べなかったりして栄養不足になり、成長できなかったり、大事な時に力がでなかったりスタミナ不足になるのが心配...

≫続きを読む

バレエの体型維持

バレエは残念ながら貯金ができません。ということはバレエ体型を維持するにはバレエを続けていなければ維持ができないことになります。バレエの動きは足の屈曲から始まり全身をくまなく使います。そして体幹を鍛えていないと脚をあげたりキープができません。ですから、レッスンをしていなくても体幹のトレーニングをするの...

≫続きを読む

バレエ体型になるには

バレエ向きな体型というのは一般的ではなく、どんなにテクニックがあり上手であっても体型が悪くバレリーナにはなれない場合があります。全体的に細く、手足が長く、身長は160センチくらいはあり、肩幅は腰幅よりはあり、股関節の可動域が広く、頭は小さくて、首は抜き出て長く、顔は鼻筋が通っていて目はぱっちりとして...

≫続きを読む

バレエでの体幹の使い方

バレエは体幹が強くなければ上手に踊れません。ですからバレエをやっていれば体幹が強くなりますし、体幹の強い方はバレエの上達が早いです。では、ザクッとどのように使うのかというと、脚をあげる時は腰部から使い、手をあげる時は胸部から意識をして使います。肩関節と股関節はなるべく自由に広い可動域で動けるのが望ま...

≫続きを読む

固い体でもバレエは可能か

バレエはプロになるならば身体が柔らかく、身体の関節の可動域が大きいほうが適しています。美を競うものではフィギュアスケート→バレエ→新体操の順に柔軟性をもとめられると聞いたことがあります(フィギュアスケートは氷上でのジャンプや着地はスピードに比例しかなりの筋肉を要します) 。バレエでは股関節の可動があ...

≫続きを読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク