バレエ 体型 なるには

バレエ体型になるには

バレエ向きな体型というのは一般的ではなく、どんなにテクニックがあり上手であっても体型が悪くバレリーナにはなれない場合があります。

 

全体的に細く、手足が長く、身長は160センチくらいはあり、肩幅は腰幅よりはあり、股関節の可動域が広く、頭は小さくて、首は抜き出て長く、顔は鼻筋が通っていて目はぱっちりとしているのが個人的に理想と感じます。

 

間違えた使い方をしていると筋肉の付き方が悪くなり太くなったりします。

 

また、全体的にふくよかでも非常にバランスのとれた体型であれば大人になってから良いダンサーになれたりします。

 

全体のバランスは重要視ですが、ただひとつだけバレエ体型で必須なのは…

 

ターンアウトができる

 

これにつきます。

 

どんなに細くて美しく足が長くてもターンアウトができなくてはバレエに適した体型とは言え ません。

 

大人になってからですと、いきなりは無理ですから徐々にらストレッチして可動域を広げ少しでもバレエ向きな体型を目指していきましょう。

 

お子さんの場合は小学校低学年迄にある程度開けるようにしておきましょう(急激な無理は禁物です)。

 

もし、開かなかったり股関節かま痛くなったりする場合は病院でレントゲンを撮ってもらい、股関節がどのような状態かみていただくのをお勧めいたします。

 

先天的にうちについていて股関節が開かない方ももいます。

 

自身の股関節の状態を知り、怪我をする前に予防がきるとよいですね。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連ページ

体型の条件
バレエに適した体型の条件はあるのか。それはどんなものなのか。説明します。
体型の変化
体型が変化してきたらバレエにどんな影響が出るのでしょうか。どこまで体型を管理すべき?
体型維持
一度作り上げたバレエ体型を維持するにはどうすればよいのでしょうか。
体幹の使い方
バレエにおける体幹の重要性。どのように使われるのか。